幼児教室は口コミから〜キッズが伸び伸び学べる場!〜

笑顔で勉強する子供

分けられるジャンル

幼児教室を利用する方法

勉強している子供

幼児教室は、ジャンル別に様々あります。募集年齢もまちまちです。 スイミングなど1歳から受け付けている所もあります。多くは3歳くらいから学齢期前までです。リトミックなどの音楽系は年齢が低くても楽しめ、ピアノなどの楽器への移行しやすく、情操教育にもいいので人気です。最近は英語教育も幼児から始まっています。これらは電話帳やインターネットで調べても出てきますが、ママ友に誘われて一緒に行く、口コミから知る方法もあります。また、幼稚園の保育後の時間を利用して幼稚園の敷地内で延長保育のような形式で行う幼児教室もあります。音楽教室や絵画教室、スポーツ教室などがあります。 さらに、小学校受験の盛んな地域では、口コミで受験用の幼児教室人気も高まっています。

幼児教育を望む保護者とその理由

3世代で暮らす家が減り、学齢期までのんびり家で過ごす子どもはいなくなりました。 子どもの少子化や母親が仕事をしていて子どもが小さい年齢から保育園に行ってるなどの理由から、公園で遊ばせる小さい子どもの姿が非常に減っています。 その上、保護者世代が高等教育を受けているので教育熱心な親も増えています。 そのため、保護者にとって、どうしても幼児に与える環境づくりは熱心になります。同年齢のこどもを求めて、子どもの友達になりうる年齢の子どもを求めて、さらには遊びより教育を求め、行き着く場所が幼児教室といっていいのです。 どの親も子供には期待します。 早期に英才教育を与えたり、幼児教室に通わせていれば、自分の子どもが他の子より発達し賢い子になると信じて疑わないのです。